旧矢ノ川(やのこ)峠 サイクリング

旧矢ノ川峠(やのこ とうげ)は熊野市と尾鷲市を結ぶ 国道42号線(現在は42号線バイパス 熊野尾鷲自動車専用道路が開通したので旧42号線)のトンネル開通(1968年)で廃道となった道路です。

IMGP2032

60才を越えた我々3人はこの峠を越えます。2016年2月21日 6:40 熊野市の旅館はるさめを出発。

さて、今回の行程はざっとこんな計画です。 前日、まず熊野市駅の次の有井駅にトラックで運んだ自転車を駐輪します。この日は大雨の予報。コンビニでレインコートを仕入れます。

IMGP2017 IMGP2020

あいにくの雨。予報ではこれからまとまった雨になるようです。

空のトラックを尾鷲駅に置きに戻ります。予報通りとんでもない大雨でした。尾鷲駅構内にトラックを駐車して駅の待合いでコンビニ弁当の夕食です

IMGP2021

今回、参加できなかった友人も応援の電話をくれました。「四日市は大雨だよ!そっちはどう?」「さっきはすごかったけど、もうおさまったよ 明日はがんばるぜ!!」

一時間ほど待って、鈍行で有井駅へ

IMGP2024

有井駅から旅館までは、カッパを着込んで暗い夜道を無灯火で移動。幸い、雨は小やみになりました。

IMGP2029 IMGP2026

明日のミッションにそなえて ゆっくり休みます。今回のミッションは明るいうちに尾鷲に到着すること これだけです。

当日は晴天に!まずコンビニで朝食と昼食を仕入れます。熊野の名所獅子岩、鬼ヶ城で朝食。

IMGP2034 IMGP2037 CIMG4508

そして、たんたんと上り坂をこぎます。この峠はバイパスの分岐をすぎるといきなり急坂です。

IMGP2044

2月というのに汗がふきだします。これ以上の薄着の用意はありません。 バイパスが通っているから車は少なく、サイルリングにはもってこいです。急坂はこの小坂トンネルでいったん緩くなり

CIMG4517

大股川の清流沿いに快走!昨日あれだけ大雨だったのに川の水は驚くほど透明です。

P_20160221_093320

道の駅の案内板があったので 気持ちはすっかりアイスクリームモードになっているのに、あれ?廃業みたい・・・残念

IMGP2048

意外にやさしい登り坂でした。登ること2時間、トンネル入り口に到着しました。いよいよこれからが本番です。

P_20160221_095138 Screenshot_2016-02-22-13-08-30

このラインの下の三叉路から上の合流までのトンネル部分が旧矢ノ川峠です。10:00 旧道に入ると いきなり ラフロード。

P_20160221_100308 IMGP2059 IMGP2062 CIMG4538 IMGP2069 IMGP2068

どういう訳か、世界遺産「熊野古道」のルートに矢ノ川峠は含まれていません。その理由は歩き始めてすぐわかりました。このルートは整備が不可能。「こだま」や「もののけ」の世界です。

P_20160221_101608

荒れ果てて、踏みいるほどに難儀になっていきます。
P_20160221_113303 P_20160221_112149 P_20160221_114014

三人とも口数少なく、ひたすら上に向かって歩きます。

IMGP2074 IMGP2070 IMGP2073

計画というほどの計画ではないけど、お昼ご飯は峠で! くらいには思ってました。しかしネットで先輩の投稿にあった橋のおちた地点にも届かないのに12時をすぎ、疲れも感じたので、弁当をひろげました。

IMGP2078 P_20160221_120752

休憩なしに登ったので、だいぶ体力を消耗。高度が上がったせいか冷えてもきました。食事後、登り始めるとじきにその「橋だったところ」に着きました。

P_20160221_122524 P_20160221_122337 IMGP2079 CIMG4545 IMGP2083 IMGP2084 P_20160221_123029 P_20160221_122817

沢 へ降りて迂回。ガレ場を自転車担いでどうにかパスし、先へ進みます。道はますます荒れていますが、慣れてきたのか ふしぎに崩れた道も平気になってきまし た。写真もこのあたり、少なめです。電波は圏外ですが、GPSで現在地が確認できるので安心。健朗さんのマウンテンバイクのトークリップがはずれました。

P_20160221_124112 CIMG4548

乗り捨てられた軽自動車。そろそろ峠の予感です そして・・

登頂成功です!!13:00 ついにやりました。♪ 矢ノ川 越ゆれば尾鷲がみえる よいそれ~♪♪ 尾鷲節の一節が口をついて出ます。いわゆるクライマーズハイ

IMGP2088 IMGP2090 CIMG4551 CIMG4554 CIMG4556

自転車を点検して、下りにかかります。

P_20160221_134907

うしろ崖だよ 注意してね

矢ノ川峠

下り側は倒木や落ち葉は少ない道。ただ鋭利に割れた浮き石が河原状態です。僕は700Cの細いタイヤなので、いつパンクしてもおかしくない慎重にくだります。

IMGP2093

矢ノ川隧道は三叉路の奥まったほうに隠れていました。

CIMG4561 P_20160221_140521 IMGP2097

この三叉路で間違えたらバイパス自動車道方面へ下りてしまいます。

P_20160221_141248 P_20160221_141049 P_20160221_142743

尾鷲側の下りも尾鷲隧道を抜けると、道はかなり荒れていました。僕は掘れた石の隙間に前輪を取られ、吹っ飛びました!右膝をすこしすりむきましたが、無事。フルブレーキで下り、手掘りの隧道まで来ました。

P_20160221_143312 CIMG4572 IMGP2105 IMGP2107 P_20160221_143539 IMGP2109 P_20160221_143911 CIMG4575

ひきつづき、手彫りの隧道が続きます。きつい行程でしたが、ゴールの喜びはひとしお。それにしても、この道を国鉄のボンネットバスが走っていたとは・・

CIMG4578 IMGP2114 IMGP2111

尾鷲に到着してコメダ珈琲 でアイスクリームを食べました。おいしい!

GPSのデータも確認してください。
P_20160221_153231 Screenshot_2016-02-22-13-09-33 Screenshot_2016-02-21-22-28-50 Screenshot_2016-02-21-22-25-41